蝌蚪型土偶

_83A7090.JPG_83A6872.JPG_83A6863.JPG

蝌蚪型土偶

蝌蚪(かと)・・・オタマジャクシの別称

北海道百年記念塔の足元には、塔を取り囲むように六角形の浅い堀があった。堀の水面に反射する影は、地中へと向かうもう一つの塔に見えた。

2018年の夏、はじめて私が塔の足元を訪れた日、堀にはたくさんのオタマジャクシがいた。

春先に孵化したエゾアカガエルかと思われる。
水面を風が揺らし、地中に向かう塔は小波のさざめきの中に消えて、また現れた。
2020年の夏、オタマジャクシの動きをスケッチするために塔を訪れた。
塔の周りの堀や水路からは水が抜かれ、茶けた植物がちょろちょろと生えているばかりだった。見上げる塔は根を失った草のようだった。

オタマジャクシたちはどこへ行ったのか。生き物は逃れ去る。原生林の中の小さな水たまりに再定住して、また風雪の後の春を言祝ぐのだろう。

オタマジャクシの像を採取し損ねた私は、オタマジャクシの土偶を焼いた。庭でオタマジャクシの土偶をどんどん作る。
あるものは金銭で売買される。あるものは交流の証に贈与される。あるものは遺失物として地上に放置される(その上に降り積もる何らかの堆積物)。

一万年後に「だれか」がこの地を訪れたとして、その地に「わたしたち」は、多分もういない。(一万年前の「だれか」を「わたしたち」と呼ぶことへの違和)
「だれか」に発見されるのは、エゾアカガエルのおたまじゃくしが先か、蝌蚪型土偶が先か。

2020年
森本めぐみ






小樽市立文学館で開催された企画展「竣工50年 北海道百年記念塔展 井口健と『塔を下から組む』」(2020年10月3日~11月29日・会期終了)で展示した「蝌蚪型土偶」に添えたテキストです。


写真:小樽市立小樽文学館・企画展「竣工50年 北海道百年記念塔展 井口健と『塔を下から組む』」より
(撮影・伊藤留美子)


posted by Megumi Morimoto at 18:27Comment(0)作品